つい忘れがちな海外転出届について

海外での就職をと希望しているという場合、職種や新しい環境・土地での生活というものに夢を膨らませている方も多いのではないでしょうか。
アクティブに世界へ羽ばたくということは自らにとっても良いスキルアップやキャリアアップにもなってくれるものです。
とはいえ、やはり現実的に進めていくとなると諸手続きなどが必要となってきますので忘れないよう注意をしましょう。

日本から離れて仕事をするということ

日本を1年以上はなれるという場合には「海外転出届」というものの提出が求められます。
出国準備は手続きが多いので、ついついこの届出を忘れてしまうという方も少なくないのです。
ですから、注意をしていただきたい部分でもあるのです。
海外転出届を提出し、日本から住民票を抜いておくことは必ず行うようにしておきましょう。

転出届を出すことの意義について

このことは、住民税や国民年金、国民健康保険などの支払い義務が「免除」となる手続きになります。
ですから、忘れてしまうと支払い義務が継続されているということになってしまうのです。
滞納や未納状態に知らず知らずのうちに陥っていたなどということがないようにしたいものです。

代理人などを立てたい方へ

出国が迫っている・どうしても自ら提出をする時間がないなどという場合には「代理人申請」も可能となっています。
しかし、本人確認等の手続き時間や手間がかかってしまうということもいえますので、出来れば自分自身が出国前に行っておきたいものともいえるでしょう。

一覧に書き出しておくのもおすすめ

今回は、忘れがちな海外転出届について触れていきました。
早い段階で、就職する・出国するために必要な手続きや肯定などを書き出しておくとわかりやすくスムーズでしょう。

関連する記事