スタイルの違いを受け入れよう

海外での就職・生活を希望されている方も今では増えています。
現在、海外での就職を目指して準備や努力をしているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、知っておいたほうが良いこと・注意していただきたいことの1つである「他国とのギャップ」の問題について考えていきましょう。

仕事スタイルのギャップについて

よく日本人は勤勉であるといわれますが、現地との仕事のスタンスを体感してギャップに戸惑ってしまうという方もいらっしゃるようです。
こうした部分についても注意と認識を持っておくと良いでしょう。
具体的に言えばまずは「時間感覚」です。
朝の遅刻や納期の期日または連絡の遅さなどが目立ってしまうという国もあるでしょう。
こうしたギャップに苛立ちを覚えないような心構えをもっておくことをおすすめしたいと思います。
残業においても同様で、仕事が残っていたとしても定時で仕事を切り上げるというケースも少なくありません。

企業によっても変わってくる部分

こうしたギャップについては「海外の企業なら必ず」というわけではありません。
そして、「多少は緩い考えを持っていてもかまわない」という姿勢でいすぎてしまうと個人の業績が下がってしまうかもしれません。
そうした側面においてはもちろん、評価にも影響することともなっていきます。
仕事において「やるべきことはしっかり行う」という認識を持ち、そのほかの違いについては楽しめるくらいの余裕があることをベストといえるでしょう。

異文化を楽しむ

仕事に対する姿勢についてもまた「異文化」といえるでしょう。
まずは自分の希望するもしくはおかれた環境になじんでいく。その上で努力を重ねていくということを心がけることをおすすめします。

関連する記事