日系企業でお仕事をされる場合

海外で就職をするというスタンスはいくつかあります。わかりやすい部分で言えば「現地採用」と「駐在員」です。
同じ日系企業であっても、どこで採用されどのような道程をたどったかで変わってくることもあるのです。
海外就職を希望されている方の中には、これらの違いに驚かれる方もいらっしゃるようですので、事前に把握しておくと良いでしょう。

駐在員と現地採用

まずは駐在員というものは「日本の会社から事例を受けて一定期間海外で仕事をしている」という状態のことをいいます。
現地採用社員とどのような違いがあるのかというとそれは「給与面」についてです。
実際に、差を感じて憤りを覚えてしまったという方もおいでのようです。

なぜ給与差が出てしまうのか

日本で勤務している給料よりも倍程度もらっているなどということもあります。
それはやはり「辞令を受けて海外に来ている」という背景があるからです。
ですから、当然ながら現地採用の社員よりも高いということになるのです。

それぞれによい点・悪い点がある

現地採用社員であっても駐在員であってもそれぞれにメリットとデメリットが考えられます。
現地採用社員であれば、その土地に長く根付くことができますので安定的な生活がすごせます。
駐在員は給与面では優遇されていても、あくまで「一定期間」ですから移動も多いというわけです。
どのようなスタンスで海外でお仕事をしていくのかということについては熟考されていることと思いますが、あらためてこうした側面からも考えておくとよいでしょう。

日系企業に就職希望をされている方へ

海外で就職をという場合にはやはり日系企業のほうが安心感があるという方もおいででしょう。
だからこそ、これらの違いを把握し、自らはどのようなスタンスで海外で仕事をしていくのかについて決断していくとよいでしょう。

関連する記事